4月4日(日)週報と次週4月11日(日)礼拝案内

●礼拝式 (※下線部は差し支えなければお立ちください) 

[司式]笠井春子  [説教]後藤由起   

前  奏

はじめの歌 154 (教団) 1

み名による祝福

 司式者)父と子と聖霊のみ名によって。

 会 衆)アーメン。

 司式者)主が共におられるように。

 会 衆)またあなたと共に。

十  戒

全 員)わたしは主、あなたの神である。  

1 わたしをおいて、ほかに神があってはならない。   

2 あなたの神、主の名を、みだりに唱えてはならない。

3 安息日を心に留め、これを聖別せよ。   

4 あなたの父母を敬え。

5 殺してはならない。

6 姦淫してはならない。

7 盗んではならない。

8 隣人に関して偽証してはならない。

9 隣人の家を欲してはならない。

10 隣人の妻、男女の奴隷、牛、ろばなど、隣人のものを一切欲してはならない。

罪の告白の勧め 

司式者)私たちは 神のみ前にまごころをもって近づき、罪をざんげし、

主イエス・キリストのみ名によって、赦しを願いましょう。

罪の告白 

 司式者)全能の神さま。

 全 員)私たちは生まれながら罪深く、けがれに満ち、思いとことば、

     行いと怠りによって 多くの罪を犯しました。私たちはみ前に罪をざんげし、主なる神の限りない憐れみにより頼みます。

 司式者)憐れみ深い神さま。

 全 員)十字架の死さえ惜しまず、私たちを愛してくださった、み子イエス・キリストのゆえに、すべての罪を赦してください。聖霊によって、主と主のみ旨についてのまことの知識を与え、また主のみことばへの従順な心を私たちに与えてください。

司式者)ひとりひとり、沈黙のうちに祈りましょう。

       (しばらく沈黙のうちに罪の告白をします)

ゆるしの言葉

 司式者)ひとりのみ子イエス・キリストを死に渡し、すべての罪を赦された憐れみ深い神が、罪を悔いみ子を信じる者に、ゆるしと慰めとをお与えくださるように。

 全 員)アーメン

キリエ(主よ)

 全 員)造り主、神よ、あわれんでください。

      あがない主、キリストよ、あわれんでください。

      慰め主、聖霊よ、あわれんでください。

グロリア(栄光)

 司式者)天には栄光、神にあれ。

 全 員)地には平和、人にあれ。

主日の祈り

全 員)憐れみ深い神様。主イエスは生きておられます。私たちはもはや主イエスを死者の中に捜しません。主イエスは生きて、私たちの命の主となられました。復活のキリストと共に生きる私たちを強め、永遠のいのちに至るまで神の民として成長させてください。あなたと聖霊とともにただ独りの神、永遠の支配者、御子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

聖書の朗読  マルコ16:1-8(新約p.97)     

      「先立つ神の救い」 

信仰告白 使徒信条

全 員)天地の造り主、全能の父である神を私は信じます。

そのひとり子、私たちの主イエス・キリストを私は信じます。主は聖霊によってやどり、おとめマリアから生まれ、ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、死んで葬られ、陰府に下り、三日目に死人のうちから復活し、天に上られました。そして全能の父である神の右に座し、そこから来て、生きている人と死んだ人とを裁かれます。

聖霊を私は信じます。また、聖なる公同の教会、聖徒の交わり、罪のゆるし、からだの復活と永遠のいのちを信じます。アーメン。

※献金は当面の間、籠を回すことは控えます。礼拝堂扉の封筒に、入堂または退堂される際にお捧げください。

教会の祈り

主の祈り

全 員)天におられる私たちの父よ、み名が聖とされますように。

み国が来ますように。

み心が天に行われるとおり、地にも行われますように。

私たちの日ごとの糧を、今日もお与えください。

私たちの罪をおゆるしください。私たちも人をゆるします。

私たちを誘惑に陥らせず、悪からお救いください。

国と力と栄光は、永遠にあなたのものです。アーメン。

派遣の歌 148 (教団) 1節

祝  福  

 司式者)主があなたを祝福し、あなたを守られるように。         

      主がみ顔をもってあなたを照らし、あなたに恵みを与えられるように。

      主がみ顔をあなたに向け、あなたに平安を賜わるように。

      父と子と聖霊のみ名によって。

 会衆)  アーメン、アーメン、アーメン

[お知らせ]

■ようこそお越しくださいました。本日はイースター礼拝です。礼拝後、教会総会を行います。会員の方はそのままお残りください。

■当面の間、礼拝は出席者分散と短縮して行います。出席日の交代は各自で可能です。

■この春、卒園・卒業、入園・入学、進学、就職など、新たな節目を迎える方々の祝福式を行います。昨年予定していた方も歓迎です。4月11日より3週にわたり三分割礼拝内で行いますので、希望者は牧師までお知らせください。

■礼拝出席者を三分割している間は基本的には礼拝以外の集会は休止していますが、オンラインで可能なものは再開します。聖書通読会は5月2日(日)から毎月第1日曜の13時30分よりzoomで行う予定です。またオンラインでの聖書を学ぶ会を新しく開始予定です。詳細は後日お知らせします。

■2021年の献花表ができています。記念日を覚えてぜひ礼拝のお花をお捧げください。献花代については、礼拝堂扉の献金の封筒に「お花代」とお名前・献花の日付も明記してお捧げくだされば、担当の方にお渡しします。

■献金の封筒は当面の間、礼拝堂扉に設置しています。

次週の礼拝 411復活節第2主日(白) (会堂参加:「さ」〜「は」行の方)

聖 書 ヨハネ20:24-31(新約p.210)     讃美歌 [教団] 146, 244, 270     

説 教  「なんで自分だけ、と思う時も」

[司式]笠井春子 [説教]後藤由起

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。